西国三十三ケ所巡り
(第21〜30番)

第二十一番 菩提山 穴太寺



 20番善峰寺を出発し、来た道を引き返し、途中小塩交差点を左折、国道9号線へ向かう。車のナビに従ったので府道10号線を通過し(10号線の東側に洛西ニュ−タウンの西側に沿った広い道があります。9号線の国道沓掛口交差点にでます)国道9号線へ入り、直ぐに京都縦貫自動車道の沓掛ICを入り西進する。

 亀岡インタ−を降り、直ぐの交差点を左折し国道423号線へ、700m位の所(穴太口:古くなった案内標のため見落とす可能性あります)を右折し進む(細い道です:右折せずに直進し府道407号線との交差点を右折する道もあります。)と府道407号線のT字路の交差点につくので、ここを右折すると前方に寺が見えてくる。

 寺の左手前に駐車場(どちらも400円で手前の1箇所は大きいです)が2箇所あります。

 拝観(無料)し、御朱印を頂く。 
 
 帰途につく。

第二十二番 補陀洛山 総持寺



 勝尾寺(第23番)から府道4号線で東進し山を下りる。
 国道171号線、府道126号線で寺の有料駐車場に到着する。
 駐車場の横の階段を上るとすぐ境内です。
 駐車券を提示すると、それから10分以内に駐車場から出ると無料となる。
 朱印を頂き、帰宅する。









第二十三番 応頂山 勝尾寺



 中山寺(第22番)から国道176号線で東進し、府道9、43、4号線で箕面市の勝尾寺へ到着、寺の手前と前に有料駐車場(500円)が完備されている。入山料400円です。
 この寺は、勝運を祈願するだるまが境内のあちこちに置かれている。
 朱印を頂くために並んでいると、お宮参りに来た、西川きよし氏の長女西川かの子さんのお宮参りに遭遇する。きよしさん夫婦、かの子さん夫婦、きよしさんの長男、次男夫婦、家族総出で参拝されていた。
 朱印を頂き総持寺(第22番)へ向かう








第二十四番 紫雲山 中山寺




 朝、8時40分出発、阪和道、りんくうJctから湾岸線(4号、5号)へ、尼崎末広出入口で降り、県道192、42号線で、金井町交差点を右折し、すぐに安倉南3丁目交差点を左折し、県道142号線、国道176号線に入り阪急宝塚線中山駅へ(約2時間)。
 国道から中山駅の方へ左折すると、駐車場が左側に並んでいる。駐車場の人の手招きに従って入り、駐車(700円)する。
 この駐車場から駅に向かうと600円、コイン駐車場200円/h、100円/hの駐車場が並んでいた。
 駐車場から中山寺まで徒歩で5分余り。
 境内は、エスカレ−タ−が完備されており、楽に参拝できる。
 お宮参りの人が多かった。
 朱印を頂き、勝尾寺(第23番)へ向かう。


第二十五番 御嶽山 清水寺



 番外花山院から県道49号線を北上し、小野で左折し県道309号線へ、国道176号線と四ツ辻で交差し走行すると相野駅の横に出る。
 これを横切り県道141号線を北上し途中311号線へ左折し、しばらく走行すると右側に清水寺の専用道路が見えてくる。 ここを入る。ゲ−トで入山料として1人当たり300円徴収される(拝観料こみ)。
 仁王が立っている山門の前の大きな駐車場まで車で行くと、そこは25番清水寺の入り口です。
 
 大講堂で拝観、御朱印を頂き帰路につく。

第二十六番 法華山 一乗寺



 第27番圓教寺から県道516号線を通過するつもりが横関の交差点で入る道を間違え、516号線の北側の道路を走行することに。途中から合流でき、516号線、国道312号線(一部区間)県道398号線、国道372号線を経由し小原交差点から県道515号線へ、そして左折し717号線の山道を走行すると一乗寺の前に到着した。駐車場(300円)へ車を入れ境内へ、拝観料300円を払い階段を登る。
 本堂は工事中のため、仮殿で拝観し、御朱印を頂く。
 本日は、これで予定終わり。帰路につく。

 平成19年の旅は、本日で終わり、来年へ

第二十七番 書写山 圓教寺


 和歌山から国道24号線、県道63号線(泉佐野岩出線)を経由し泉佐野南から阪神高速4号線(湾岸線)、5号線、ハ−バ−ハイウエイ、阪神高速3号線、第二神明道路、加古川バイパス、姫路バイパスを経由し、姫路西インタ−で降り、県道417号線を北上しJRと交差後、少し走行しガソリンスタンドがある交差点を右折し、次にまた右折し、川沿に直進し続けると山陽自動車道の橋脚が見える、その下がロ−プウエイの駐車場(無料)で少し歩いたところに乗り場があった。
 ロ−プウエイの所要時間は4分で往復900円、15分毎に運行。
 参道は、登り坂で入口で1人300円が徴収される。参道が800m(所要時間20分)の坂道のためマイクロバスの送迎もある。ただし、拝観料、バス往復運賃込みで千円です。
 ロ−プウエイ及び参道の途中からの瀬戸内海の眺めは素晴らしいです。
 参道を登り下ったところの正面に巨大な舞台造りの摩尼殿(本堂)が建っている。
 拝観し、御朱印を頂く。境内は、丁度、銀杏・もみじが紅葉し、素晴らしい景色でした。
 時間が少なかったため、他の建造物は見学できなかったのが惜しい。
 次の26番一乗寺へ向かう。

第二十八番 成相山 成相寺


29番松尾寺から国道27号線を戻り、国道175、178号線を進み、天橋立へ行く府道2号線に入り、再び、178号線へ入り、岩滝口の交差点を右折し暫く道なりに走行する。
 成相寺の大きい看板がある国分交差点をを左折し登っていく。寺の近くに案内人がいる小屋が右手に見えてくる。
 そこで駐車場、走行の案内を受ける。そして、駐車場から1Km登ったところに天橋立のパノラマ展望所の紹介をうける。

 ここで1人500円の入山料を支払う。案内通り走行すると直ぐに広い駐車場(無料)に到着する。参道を進み寺へ。

 参拝し朱印を頂く。

 案内人から紹介されたパノラマ展望所へ行くことにしたが、その道は舗装されていなく、雨水により道が深く掘り込まれ悪路です。
 タイヤが落ち込まないように注意しながら走行する。

 しかし、パノラマ展望所からの天橋立の景観は素晴らしいです。

 山を再び下り、先ほど通過した天橋立に行き食事、見学する。

 のち府道9号線を経由し、京都縦貫自動車道綾部宮津道路から帰宅する。

第二十九番 青葉山 松尾寺


 和歌山から阪和道、吹田から中国自動車道、吉川JCTで、舞鶴若狭自動車道を走行し、舞鶴東インタ−で降り、府道28号線との交差点を右折し、28号線を進む。
 国道27号線との交差点を右折し、走行後、JR松尾寺駅を過ぎ1Km程を走ると松尾寺の案内板があり、そのY字型の交差点で、左方向に進み山を登っていく。

 寺の門前に駐車場(10台程度)があり駐車する(階段下にも3台程度の駐車場があります)。短い階段を登る。

 拝観し朱印を頂く。

 拝観料は無料ですが朱印を頂く所で駐車料金400円を支払う。

 次の28番成相寺へ向かう

第三十番 巌金山 宝巌寺


 和歌山から阪和道、吹田から名神高速、天王山トンネル(左ル−ト)を過ぎてから京滋バイパスに入り瀬田東JCTでまた、名神に戻り走行し、彦根インタ−で降り、国道306号線に入り外町交差点を右折し、県道518、517号線を進み、松原橋交差点を直進し、彦根港に出て、右折すると、竹生島行きの観光船乗り場に着きます。

 港の駐車場(無料)に駐車し乗船する。

 40分の船旅で竹生島に到着する。帰りの船までは70分であったが、島内を巡るには十分な時間です

 入島料(400円)を支払い、境内の石段(165段)を上る。

 拝観し朱印を頂く。拝観料は、宝物殿を除き無料です。

 再び、船に乗り彦根港へ戻る

 次の31番 長命寺へ向かう。










戻る